スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webサイトをフュージョンさせた効果

会社のサイトAとサイトBをフュージョンさせた効果測定です。

8月15日時点での某キーワードの検索順位
サイトA Y:6位 G:7位 外部要因が高いと思われる(企業情報サイト)
サイトB Y:7位 G:10位 内部要因が高いと思われる(商品説明サイト)

9月上旬に「サイトB」のメインコンテンツを「サイトC」に移したことによる順位変動
Y:7位 G:10位 (8月15日時点) → Y:5位 G:33位 (9月15日時点)
※「サイトB」の旧ページからは「サイトC」の新ページへ301転送
※.infoドメインから.jpドメインへ移行しただけでページ内容は同じ

9月末までに「サイトB」のサブコンテンツを「サイトC」に移したことによる順位変動
Y:5位 G:33位 (9月15日時点) → Y:18位 G:44位 (10月15日時点)
※なぜか順位が落ちています

10月1日、「サイトC」のトップページを設置。
これにより会社のメインサイトは「サイトC」となる。
「サイトA」のトップページから「サイトC」のトップページへ301転送。

サイトCの順位変動
Y:4位 G:6位 (11月1日時点)
Y:4位 G:5位 (12月1日時点)
Y:3位 G:5位 (1月1日時点)
Y:3位 G:4位 (2月1日時点)
これで今のところ安定。

ということで会社のサイトとしては「Y:6位 G:7位」から「Y:3位 G:4位」へ順位アップをしました。

しかし、魔人ブウ並みのパワーを持つ某販売店Aさんのサイトには全く敵いませんでした。せめて2位につけている某販売店Bさんを抜けるかと思いましたが、数日間だけ順位が入れ替わったこともありましたが、あくまでも一時的なものだったようで、Yに関しては抜くことができていません。ただし、Gに関しては頻繁に入れ替わっているため、同じくらいのパワーなのかもしれません。

もともと、“メーカー”という枠組みで1位を取り、かつ全体で5位くらいを目指していたため、今回のフュージョン作戦は成功したといえます。

ps.
昨年末、“リンク買い”で急激に順位を上げてきた某販売店Cさんは…
最高5位から現在は17位に落ちています。(Gには全く相手にされてません)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。