スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル会社Aの新サイトが

半年ほど前に公開されたライバル会社Aさんの商品紹介サイトが、某キーワード「○○○○○○」で“1位”になっている。何故かYahoo!検索だけに好かれているようで、Google検索では100位以降。

このサイトがYahoo!検索で“1位”になる理由がさっぱり分かりません。検索でヒットするページのどこにも「○○○○○○」は書かれていない。ページ作りも画像がメインでテキストは非常に少なく、「内的要因SEO」という点では全く考慮していないページ構成になっている。Yahoo!カテゴリ登録さえされていない。被リンク数も200未満。ただし、関連会社が世界的な巨大企業で、そこからのリンクが2本ある。しかし、リンク元にも「○○○○○○」の記述はない。ということで「外的要因SEO」という点もプラス材料にはなっていない。せめてGoogle検索でも30位とか50位になっていれば、それなりに諦めますが、Google検索の場合は圏外になっていますからねぇ。それなのにYahoo!検索の場合は1位ってどういうこと?

同僚曰く「世界企業なら大きな金が動いているんじゃないの?」

謎です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。