スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクルートサイトをどうしたらいいのか…

春から煮詰めてきた新リクルートサイトの企画が「予算ゼロ」宣言で頓挫してしまい、かといって“リニューアル”のネタはありません。一部のページを修正する程度ではやってもやらなくても同じです。リクルート担当者が言うには近隣の他業種の企業さんは突如やってきた“不景気”の前にリクルートサイトの準備を終わらせていたらしい。この先の不景気を受けて大手企業が採用を渋ることが予想されるため、中堅企業には優秀な学生を確保する絶好のチャンスとのこと。中には、「不景気だからこそリクルート関連に費用を充てる」という企業さんもいるみたいですね。この辺は経営判断ですから実務レベルでどうこう言えませんが…(ちょっと羨ましい)

でも何もしないわけにはいかない微妙な立場にある私としてはあれこれ策を練るわけですが、結局のところ「予算ゼロ」では何も進みません。私の勤務先と同じように不景気の波をモロに受けているライバル企業A社さんのリクルートページを見たところ…

「あれ?」「えっ!」「これでいいの?」という、まさに“目からうろこが落ちる”状態である。

早い話「なんだ割り切ればいいんだ」というレベルのことで悩んでいました。

リクルート担当者は以前から「マイナビ」とか「リクナビ」の話をしていました。それらはどうしても外す事ができないため、それらに掛かる予算は必ず確保されていて、そちらに当然の如く「新卒採用ページ」があります。A社さんのサイト内のリクルートページには「マイナビ」と「リクナビ」の各コンテンツへの直リンクが並んでいます。見た目は自社サイト内のリクルートページの振りをしていますがそれは表紙だけで中身は「マイナビ」と「リクナビ」になっているのです。

「なるほどその手があったか」と少しばかり歓心。

ということは、リクルートサイトを別途用意せずに「マイナビ(またはリクナビ)」をリクルートサイト代わりに使わせてもらい、足りない情報をブログで補完すればいいわけです。今までも採用担当ブログでそれなりの情報を発信してきたため、もう少しボリュームアップさせるだけでなんとかなりそう。

ということで、この方法で「2010年度採用活動」を乗り切るしかなさそうです。(1年後には景気が戻っていますように…)

※2010年度採用活動 : 2010年4月入社予定の新卒者採用活動
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。